基本方針および事業目標

ホーム > 基本方針および事業目標

みどりみらいプロジェクトグループは現在、指定管理者として公園管理を行っている実績を踏まえて、グループが有する環境に配慮した技術と知識を共有しながら、より質の高い緑あふれる安らぎのある空間を創出し、地域住民のためのオープンスペースづくりを目指して、地域住民と利用者の声を常に反映しながら、福祉の増進や、利用者サービス向上の視点に立った公園の管理運営を行います。

休養、スポーツ等のレクリエーション機能と、歴史、福祉、避難等の社会的機能を両立することが肝要であると認識しており、私たちグループでは、施設運営の透明性を確保し、利用者が気軽に運動・休憩・散策し、安全・安心して平等に利用でき、人と自然が共生するやさしい環境づくりをグループの基方本針とします。

この基本方針を達成するために、以下の5つの事業目標に取り組んでいます。

  • 事業目標
  • 「人々にやすらぎをあたえる良好な緑の公園づくり」
  • 「利用者が安心して公園を利用できる安全防災対策」
  • 「スポーツを通じての健康づくりの場やリフレッシュできる場の提供」
  • 「環境に配慮した公園づくり」
  • 「多様な利用者ニーズへの柔軟かつ適切な対応」